店長の南澤です

顔写真いつもご来店いただきありがとうございます。一品一品、丁寧に手作りしています。商品についてのお尋ねは私がご説明いたします。お気軽にお電話くださいね!
 

 

ラッピングはこちら

ギフトラッピング
banner
後払い
トップページ»  ジェルムのこだわり»  真珠の選び方とお手入れ

真珠の選び方とお手入れ

【真珠ネックレスの選び方①】
「そろそろパールネックレスが欲しいけど・・・大きさ、長さなど何を基準に選んだらいいのかわからない・・・」

使用目的とご予算で選びましょう!
「冠婚葬祭」フォーマルにあらゆる生活行事に使用できるのが「白」のパールです。
アコヤ本真珠2点セット

アコヤ本真珠ネックレス
「冠婚葬祭用」はこちら

最近では葬儀や法事などのお悔やみの席には「黒真珠」や「グレーパール」を
着用する方も多くなりました。

実はヨーロッパでは古くから哀しみの場の正装には「黒」を身に着ける習慣があります。

喪装用グレーパール

黒真珠グリーン

「喪装用」はこちら

○白い珠の真珠はフォーマルとしてお祝いの席からお葬式まで「冠婚葬祭」オールラウンドで身に着けることが出来ます。

●黒真珠やグレーパールはブラックフォーマルとしてお葬式など「喪装用」として区別している方も多い様です。
 

真珠は品質により大きく異なります。

品質を価値を決める五大要素に「巻・形・キズ・色・テリ」あります。
この要素のバランスにより価値(価格)が決まります。
価格は、流通経路、販売形態などにより異なります。

【はじめてパールネックレスを購入する場合】

冠婚葬祭用に揃えておきたい。

◆年齢20代(成人・新社会人・結婚など)
最初から上質で高価な物より一般的な中ランクをおすすめします。
真珠の大きさも控えめサイズの6.5-7.0mm7.0-7.5mmが適当です。
6.5-7.0mmサイズはこちらをご覧ください。 
7.0-7.5mmサイズはこちらをご覧ください。
※真珠のサイズ6.5-7.0mmと表示するのはネックレス連の平均して同じ大きさに
見える様中心に大きい珠で留め具方向を小さい珠でバランスを取ります。

◆年齢30代(結婚・卒業・入学式など)
年齢からワンサイズ上の定番サイズ7.5-8.0mmがおすすめです。
このサイズは、大き過ぎず小さ過ぎず冠婚葬祭にはオールラウンドに
活躍する人気の定番品です。
7.5-8.0mmサイズはこちらをご覧ください。

【ワンランク上に買い替えの場合】
今の真珠より大きいサイズが欲しい、今のパールより上質のものが欲しいなど

◆サイズを大きくしたい場合  8.0-8.5mm8.5-9.0mmがあります。
アコヤ本真珠では、9.0mmが限度とされてます。9.0mm以上の和珠は希少で大変高価になります。
8.0-8.5mmサイズはこちらをご覧ください。
8.5-9.0mmサイズはこちらをご覧ください。

◆宝石価値のある上品質を求めるなら『花珠』をおすすめします。
「花珠」とは・・・真珠の中の宝石的価値のもっとも高い真珠であり、その価値を決める五大要素
のどれをとっても素晴らしく、総生産量の数%しかない希少生が高く美しいものを「花珠」と呼びます。
鑑別書も別に「花珠鑑別書」が発行され、真珠総合研究所や真珠科学研究所がよく知られてます。

アコヤ花珠真珠

◆「花珠落ち」・・・上質ですが五大要素の内の何かが欠け、花珠ランクまで届かない真珠を言います。

お葬式など「喪装用」を用意しておきたい

お葬式の場では、大粒(10mmup)、2連やロングなど派手なものは控えた方が良いでしょう。

最近は、黒真珠を身に着ける人が多く見られます。

涙を表わす真珠は白珠でも大丈夫ですが区別して持つのが理想的です。

黒真珠ネックレス

黒真珠 ネックレス・イヤリング 2点セットこちらをご覧ください。

黒真珠 ネックレス・イヤリング・念珠 3点セットこちらをご覧ください。

【真珠の選び方② 7つのポイント】

Point 1 真珠の巻き  厚いものほど良い
巻きとは、核を取り巻く真珠層の厚さを言い、巻きの厚いものほど真珠特有の深みある輝きがあり
照りも良く高価になります。

Point 2 真珠の照り  深い照りほど良い
照りとは、真珠の生命とも言うべき自然の光沢のことで、深い照りは真珠を美しく見せます。
巻きと照りは真珠の輝きを左右する大切なポイントです。
形が良くても巻きと照りが無ければ価値は低くなります。

Point 3 真珠の   ホワイトピンクが人気
真珠の色は、銀白色(シルバーホワイト)の標準色のほか、ピンク、ホワイト、クリーム、グリーン、ブルー、グレー、ブラック、ゴールドなどがあります。
日本では淡いピンクが好まれますが、民族や個人の好みによって評価は異なります。

Point 4 真珠の   ラウンド(真円)が基本
真珠の形は、ラウンド(真円)セミラウンド(やや丸)ドロップ(しずく型)オーバル(楕円)バロック(変形)ポピー(小粒のケシ珠)など形により多彩です。
バロックは世界にひとつしかないため、根強い人気があります。
八方ころがし完璧な真円ほど評価が高くなります。

Point 5 真珠のキズ  少ないほど良い
キズは、少ないほど、小さいほど良く、場所によっても評価が異なります。
エクボと呼ばれる凹みなど天然真珠はあの程度避けられません。これは天然の証です。

Point 6 真珠の大きさ  大きいほど高価
真珠の大きさは、巻きが厚く、照りが良く、真円で、キズが無いものはサイズが大きいものほど高価になります。
最高級の"花珠"と呼ばれる真珠は大変高価になります。


*6.5-7.0mm 成人式・新社会人のお祝いなど、初めてする人に控えめなサイズです。ファーストパールに最適です。

*7.0-7.5mm 冠婚葬祭用に、普段のお出かけファッションに最適です。

 

*7.5-8.0mm 人気の定番サイズです。冠婚葬祭の必需品です。 

*8.0-8.5mm 大人のエレガントな雰囲気、気品はミセスのためのワンランク上のサイズです。 

*8.5-9.0mm 大人の余裕を楽しむサイズ、気品あるボリュームは頑張った自分へのご褒美に
Point 7 ネックレスの長さ 
*36cm チョーカー
*42cm プリンセス 
*60cm マチネ(セミロング) チョーカーの1.5本分の長さ、洋服に合わせて少し長めにしたい時、

     40cmと重ねても豪華です。
*80cm オペラ(ロング)チョーカー2本分のダブルサイズ、2重巻きで着用できます。
*120cm チョーカー3本分のロングサイズ2重3重フロント結びなど多彩なアレンジが楽しめます。 


真珠ネックレスのお手入れと保管の方法

天然真珠は、お化粧、香水が乾いてから着用します。

硬度が低いのでキズがつきやすいので硬いものとの接触に注意しましょう。

酸や薬品、熱に弱いので使用後はやわらかい布などで拭いて充分に
汗や化粧品を取り除いて、布などに包んで他の宝石とは別に保管してください。

多湿や過度の乾燥は真珠には大敵です。

表面に結露が付いたまま放置しておくと「ボケ」と呼ばれる、ツヤのない真珠になることがあります。

過度の乾燥はひび割れが発生することがあります。

タンスの中は揮発した防虫剤が真珠に付着し、つやをなくす危険性がありますので避けたほうが良いでしょう。